チェンマイ・チェンライを中心にタイのゴルフ場や現地情報を発信
とうとうきましたね!
AIR ASIAの日本線

現時点で直行便の無いチェンマイ~日本線

どうせバンコクや韓国・台湾・シンガポール等で乗り継ぎが必要なんだし、
関東の場合そのほとんどが成田だし・・・

チェンマイからクアラルンプール経由で羽田ってのも有りかも?

まあ、
乗り継ぎがスムーズにいくかどうかは不安ですが・・・



リンク: 羽田-クアラルンプール5000円の格安便 - 速報:@niftyニュース.
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト




私自身もミクシィに登録しておりますが、
そのミクシィのトップ画面の「お知らせ」にここ最近必ず出てくる、

「mixi を騙るメールや類似サイトにご注意ください」

ってお知らせありますよね!


「そんなにしつこく出さなくても・・・」

と思っておりましたが、

久々にネットでニュースを検索していたら、その関連の記事が結構出てるんですね。

差出人が
「mixi(裏)運営事務局」だったり、
「ミクシィ」ではなく「ミクシー」だったり、
「mixi」ではなく「mixii」と「i」が多かったりとの事。

良く見れば違う事に気付くでしょうが、それに気付かずクリックしたりメールの返信をしたりして被害が出てるんでしょうね!

皆さんお気を付け下さいね。

「『ミクシー』からのメールに注意」とmixi

7月8日7時3分配信 ITmediaニュース
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ほぼ同世代のマッチこと近藤真彦。
まだ子供居なかったんですね。
結婚14年目にして始めての子供、相当嬉しいんでしょうね。

私もそろそろ親に孫の顔を見せてあげないといけないかな~~~?

マッチ結婚14年目ついにパパ…敦子夫人今月8日に第1子男児出産
10月27日8時1分配信 スポーツ報知

バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

このニュースを見るまでその存在すら忘れかけていたドライブインシアター(DT)。

何の映画だったかは忘れましたが幾つかのアメリカ映画でDTのシーンがあり、それを見た中学高校時代の私は
「車の免許を取ったら彼女と・・・」
なんて思っていたな~~~とが懐かしく思います。

で、免許を取得してから彼女とのデートで何回か利用した事が。
そのDT、時代の流れと共に徐々に姿を消しているとの事。
今月一杯で閉館する千葉県船橋市のDTが無くなると国内に常設されているDTは1箇所だけになるそうです。

寂しい気がするのは私だけではないでしょうね!

消えゆくドライブインシアター 上映数や料金…シネコンに押され
10月22日15時15分配信 産経新聞

≪常設は国内1カ所に≫
 駐車場に止めたマイカーに座ったまま、巨大スクリーンを見ながら気軽に映画を楽しめる「ドライブインシアター」(DT)が、姿を消しつつある。全盛期の90年代初頭は全国20カ所以上にあったが、千葉県野田市のDTが8月末で幕を閉じ、同県船橋市に国内で初めて81年に設置されたDTも10月末での閉館が決定。国内に残る常設のDTは神奈川県大磯町の1カ所だけになった。デートスポットなどとして人気を集めたDTが、なぜ下火になったのか。背景を探った。(西岡瑞穂)

バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

21年ぶりに三つ巴の最終戦となった【F1】ブラジルGPの決勝。
劇的な展開でしたね!

あの途中でいきなりスローダウンし、その後復調したハミルトンのマシンはいったいどうなっちゃってたんでしょうね?
解説の片山右京が言ってた通り「漫画の様な展開」。

生中継って事もあり、かなりエキサイティングしながらのテレビ観戦でした。

特にフェラーリライコネンが2回目のピットストップからコースに出て行く際は瞬きを忘れたかの様に画面に釘付け状態。

ライコネン優勝して貰いたいと思っていた私はその瞬間ガッツポーズ。
そしてその後もレース終了までドキドキ。

結局ライコネンが優勝し、僅か1ポイント差でシリーズチャンピオンもゲット。
見事な、素晴らしく見事な大逆転劇に目が覚めて眠れない方も多かったのでは?



ライコネン、大逆転で初王座 F1最終戦ブラジルGP
10月22日3時14分配信 産経新聞

 熾烈なシーズンは、史上まれに見る大逆転で幕を閉じた。F1世界選手権今季最終第17戦・ブラジルGPは21日(日本時間22日未明)、サンパウロ郊外のインテルラゴス・サーキット(1周4.309キロ)で22台が出走して71周の決勝を行い、フェラーリのキミ・ライコネン(フィンランド)が優勝。ドライバーズ・ポイントでマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)、フェルナンド・アロンソ(スペイン)を逆転し、初の王座に輝いた。
 予選3番手のライコネンはスタートで2位に浮上。終盤までトップを走った同僚のフェリペ・マッサ(ブラジル)を54周目にピットインのタイミングで抜き、そのままトップチェッカーを受けた。ライコネンは今季2戦連続6勝目、通算15勝目。優勝タイムは1時間28分15秒270(平均時速207.972キロ)だった。
 3年連続王座を目指したアロンソは3位。2番手スタートのハミルトンは出だしてライコネン、アロンソに抜かれると、途中、マシントラブルで大きく順位を落とした。その後、追い上げたが7位で終わった。
 この結果、ドライバーズ・ポイントはライコネンが110点。ハミルトン、アロンソともに109点となり、ライコネンがランク3位から逆転した。フィンランド人の世界チャンピオンは1999年のミカ・ハッキネン以来。
 日本人初のF1レギュラードライバー、中嶋悟氏の長男で、これがF1デビューとなった一貴(ウィリアムズ・トヨタ)は10位。佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)は12位でゴールした。山本左近(スパイカー・フェラーリ)は他車に接触し、12周でリタイアした。


【F1】ブラジルGP、K.ライッコネンが大逆転! フェラーリ、ダブルタイトル獲得!
10月22日3時38分配信 ISM


ライコネン初の総合V中嶋は10位/F1
10月22日3時5分配信 日刊スポーツ


ブラジルGP決勝 ライコネン、悲願のチャンピオン獲得! 中嶋の初レースは10位完走
10月22日3時3分配信 TopNewsレース速報

バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス