チェンマイ・チェンライを中心にタイのゴルフ場や現地情報を発信
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





放置したまま年が明け、
そして更に1ヶ月が経過。

そんな状況でなんですが、今年初のアップなので、

サワディー・ピー・マイ!
(あけおめです)


去年の8月に渡タイし、1ヶ月弱で帰国の予定でしたが、
それが・・・
何故かそのまま年越し。
そして未だ帰国の予定が決まって無い状況。

まさかこんな事になるとは思っても居ませんでした。


なので・・・
今まで長くても2ヶ月程度しか滞在してなかったので、その行動パターンに合わせていた現地携帯電話回線AISの1・2Call(プリペイド)のプランを再検討。

今までは、滞在時の利用頻度が高い為、リチャージ時に延長される期間は短い(通常は300Bチャージして30日延長ですが15日のみ延長)のですが、通話料が安いプランを利用していました。

たまにAISからSMS等で送られてくるサービス案内に記載されている
Mao Mao Service

Mao Mao Service Inclusive Minutes  Validity Period  Signing Up
20 baht        25 minutes        2 days    dial * 500 * 1 #
49 baht        60 minutes        3 days    dial * 500 * 2 #
79 baht       100 minutes        5 days    dial * 500 * 3 #
199 baht      250 minutes        15 days    dial * 500 * 4 #


ってのを使ったりした事もありましtが・・・


で、
知人から
「定額で掛け放題のプランがあるよ!」
との話を聞き、AISのサイトのプロモーションをチェック。

で、どうやら
“Kui Mai Un” Day Version
(Unlimited Buffet Free Calls Within AIS Network)
とか言うサービス名らしく

月額199バーツで、
朝5時から夕方5時までの間、
AIS と Hutch回線への発信に限り、
掛け放題になると言うプランの様です。
(1通話60分以上の場合は有料になるみたいですが・・・)

ちなみに上記時間外の通話並びに上記以外の通信会社への通話料金は、

1分1.5バーツのプラン

199 baht/month

* 5 a.m. – 5 p.m. unlimited free calls to AIS and Hutch numbers (call duration must not exceed 1 hour)
* Calls during off promotion period and calls to other networks is charged at the rate of 1.50 baht/minute



か、


最初の1分3バーツで2分目以降0.5バーツ

199 baht/month

* 5 a.m. – 5 p.m. unlimited free calls to AIS and Hutch numbers (call duration must not exceed 1 hour)
* Calls during off promotion period and calls to other networks is charged at the rate of 0.50 baht/minute; 3 baht for the first minute


の何れかを指定出来るようです。

基本的にその時間帯の通話が多い私は速攻でこのプランに変更しちゃいました。


ちなみに、
夜型人間の方には22時~翌日10時まで掛け放題で月額159Bってプランもあるようです。
(“Kui Mai Un”Night Version)

他にも様々なプランがある様なので気になる方はAISのプロモーションがアップされたページでご自分にあったプロモーションを探してみては?
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト




MNP導入から既に1年が経過したんですね。
ついこの前始まったかの様な感覚で居ましたが・・・

携帯各社で結果が大きく分かれているようですね。
そしてドコモから他社への乗換えがかなり多かったようですね。
ちなみに私は乗り換えいません。
と言うか、SBとドコモにそれぞれ複数回線持っているので乗り換える必要が無かっただけなのですが。

MNP利用した人居ます?


MNP導入から1年経過、各社の増減が明らかに
10月24日18時32分配信 Impress Watch


10月24日、他社に乗り換えても同じ電話番号が利用できる「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)の導入から1年が経過した。MNP対象であるNTTドコモKDDIソフトバンクモバイル各社のユーザーの利用実績が明らかになった。

 KDDIは24日、MNP導入1周年にあわせ、MNP開始から昨日までのMNP利用数を発表した。速報ベースでの数値となるが、auではポートイン(他社からの転入)/ポートアウト(他社への転出)を合算した件数が128万5,700件に達した。また他社への乗換のみ可能なツーカーについては、53,500件のマイナスとなり、KDDI全体では123万2,200件の増加となった。

 NTTドコモとソフトバンクモバイルはMNP開始から今年9月末までの数値を明らかにしている。それによれば、NTTドコモは109万1,400件のマイナス、ソフトバンクモバイルは10万5,100件のマイナスとなっている。

 過去1年の動向を見ると、当初からauではポートインが多く、各社の中で唯一1年を通じて毎月プラス(転入超過)を記録した。またNTTドコモは全ての月でマイナスとなっている。ソフトバンクモバイルは、昨年10月~今年3月までマイナス続きだったが、4月からはプラスに転じている。

■ URL

  KDDI ニュースリリース

  http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/1024/





番号ポータビリティ開始から1年──KDDIのMNP純増数は123万2200件
10月24日16時3分配信 +D Mobile

バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

とうとう昨日からイー・モバイルがサービス開始しましたね。
まだ使用可能エリアは限られていますが、東京から出る事が少ない私にとっては結構使えるのかも?

これをPCとモデム接続して利用した場合の実際のスピードとかってどの位なんでしょうね?
数字ではわかっていても実際に利用してみないとわからないですもんね。
電気店などでのテストは問題なく出来ても、自宅では電波が届かずなんて事だと買う意味無いし・・・

仮にタイの通信事業者のSIMが使えて、しかもこのスピードで利用できるんであれば間違いなく買いですが、それはまずあり得ないだろうし・・・

でも、やっぱ気になるんだよな~~!
明日にでも実機のチェックしてこようかな?

イー・モバイル、携帯電話事業に13年ぶり新規参入
3月31日13時58分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000004-yom-bus_all
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ソフトバンクの春モデル14モデルが発表になったとの事。
そのうち2機種がワンセグ対応なのかな?

一時期新機種があまり出なかった時期があったと思うのですが、ここ最近の新機種の発表が増えた気がするのは私だけしょうか?

そしてBluetooth対応の機種も増えましたね。
でも何で、海外では結構前からBluetooth対応の機種が多かったのに、技術大国である日本の携帯への装備が遅れたんでしょうね!

で、日本ではBluetoothのヘッドセットってバカ高いし・・・


【速報】ソフトバンクワンセグ対応2機種などケータイ春モデル
1月25日15時31分配信 impress Watch
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070125-00000001-imp-sci


“孫マジック”でドコモとKDDIを追撃!? ソフトバンク、14機種を投入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070125-00000033-rbb-sci&kz=sci
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

携帯の“カギ”解除 SIMロック 市場活性化へ検討 総務省」
ってニュースを見つけたのですが、
SIMロック(解除)って言葉、耳にした事ありますか?

SIMカードはわりますよね!
ドコモFOMA)      ⇒ FOMAカード
ソフトバンク(旧vodafone)⇒ U-SIMカード
などです。(auはちょっと特殊です)

日本の携帯の場合、通信事業者が販売する携帯は、その通信事業者のSIMカードしか認識しないシステムになっています。
つまりドコモ携帯にソウフトバンクのSIMを入れて使う事は出来ないのです。(勿論逆も)

これが「SIMロックが掛かった状態」と言う訳です。
残念ながら日本の携帯電話は基本的に全てこのロックが掛かっています。

「日本の携帯は?」

そうなんです。
こんなロックが掛かった携帯を販売しているのは日本以外にはごく一部の国と通信会社だけなのです。

海外で使われている携帯のほとんどはこのSIMロックなんて馬鹿らしいもんはありません。
6630純正


ロックが掛かっていなければ

ドコモの携帯にソウフトバンク(vodafone)のU-SIM
ソウフトバンク(vodafone)の携帯にドコモFOMAカード

また、
海外対応端末なら海外の通信会社のSIMでも使用可能です。
例:タイ滞在時に日本の携帯にタイのAIS社のSIM
M1000&AIS
AIS リフィル


って使い方が出来るのです。

海外の通信会社のSIMを日本の携帯に入れて日本で使う事も可能です。
(日本で使う場合はローミング契約が必要な場合が多いです)


こんな使い方が出来たら便利だと思いません?
それが可能なんです。
SIMロックを解除すれば良いのです。
解除してくれる業者に依頼すれば良いのです。
(機種によっては解除出来ない物もあります)

しかし解除する事は可能ですが、現時点ではそれが違法だと言われています。
以前その解除をしている業者が逮捕されたのは有名な話ですよね。

このSIMロック解除に付いては以前から興味があるのですが、何故それが違法なの?って思います。

今日本で売られている新しい機種でも解除可能な機種はありますが、そんな訳で日本で解除してくれる所は少なくなりました。
海外にはそんな解除屋が沢山あります。

圧力を掛けられても嫌なのでこれ以上は書きませんが、ご質問がある方はコメント入れて下さい。
答えられる(知ってる)範囲でお答えします。
(ちなみに私は解除屋ではありません。)

まあ、私の話よりはこの下のリンクの記事を読めばもっと判り易く書いてあると思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070121-00000001-san-soci
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。