チェンマイ・チェンライを中心にタイのゴルフ場や現地情報を発信
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





先日、知り合いの方の日記で北タイの名物料理のカオソーイの事が。

カオソーイとは画像の通りカレーぽい汁とココナツミルクの入ったスープに肉等と、普通の麺と揚げ麺が一緒に入っていて、付け合せの紫色の小さなたまねぎや漬物(?)も一緒に入れてマナオ(レモンとライムの中間?)を絞って頂く料理。


で、ここチェンライにはそのカオソーイの有名なお店が。
タイ 料理 チェンライ カオソイ


場所は・・・

バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

[チェンライのカオソーイ]の続きを読む
スポンサーサイト




高橋ジョージ 飯島に「ロード」を
3月12日8時0分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000069-sph-ent
このニュースの中で
「一緒に焼き肉を食べて、『ロード』を生で歌ってあげる約束をしているので、時間ができたら家族と行く」
ってありましたが、目の前で歌って貰えたら良いですよね!

でもこの高橋ジョージ(48)と三船美佳(24)夫妻。
歳の差24歳。
羨ましいと僻んでるオヤジも多いでしょうが、
オヤジと若い娘!
タイなら普通の事ですよね。
そして結局騙されて財産無くなっちゃうってのも良く聞く話!

仲良くなって食事に誘ったら
HOT POT

「HOT POTかMKでタイスキ食べたい!」って言われ、のこのこと行ったら友達や親戚が2~3人一緒に付いてきたりするんですよね。
富士レストランってパターンもありですね!

で、その後BIC-Cやカフーで買い物に付き合わされ、そして支払わされるオヤジが後を絶ちません。
チェンライにカフーはありませんが・・・)

その後、携帯や金を売る店に連れて行かれたらそれは王道(?)です。

全て聞いた話ですが・・・

タイ好きのおじ様達気を付けて下さいね。


高橋ジョージ 飯島に「ロード」を
3月12日8時0分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000069-sph-ent
バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ここ数日寒くなってきましたね!
朝から晩までコタツの中での生活が定着しつつあります。
この時期になると食べたくなるのが「もの」ですよね!
寄せ・きりたんぽ・石狩・ふぐちり・たらちり・キムチ
それに、おでん・すき焼き・しゃぶしゃぶ、これも立派な物ですよね!
寒い日に暖かい物&日本酒、くぅ~~~~っていきたいですね。

ってな事を考えていたら、バンコクに住む友人からメールが。
ブログを開設したのを話したら早速見に来てくれたようで、

タイ料理トムヤムクンってあるけど、俺は余り好きじゃないんだよね。
この前プーケットに行ったときに閃きました。
トムヤムプーってどうだろうとね。
旅行代理店の人も一緒だったんだけど初めてだってさ。
11年タイに住んでいるけど俺も初めて。
上さんも始めてだって。
でも、新鮮でえびよりも濃厚でかにの身にスープがしみ込み
って感じで3人で平らげてしまいました。
今度、試してね。
って感じでカキコをしたかったんだけど。」

って内容でした。
そのままブログにコメントしてくれても良かったのですが、丁度私の考えていた内容に近かったので合わせて記事にしてみました。

「世界3大スープ」の一つである「トムヤムクン」これも鍋物に入るのでは?と勝手に考えています。

ウィキペディアには
『「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビのこと。エビ入りトムヤムスープという意味』
と書いてありました。
「トム・ヤム・クン」の他にも
「トム・ヤム・ガイ」  「ガイ=鶏肉」
「トム・ヤム・プラー」 「プラー=魚」
「トム・ヤム・タレー」 「タレー=海≒シーフード」
ってのもあり、友達が言っている「トム・ヤム・プー」の「プー」はカニです。
確かに旨そうです。
次回必ず注文してみようと思います。
ちなみに私は「トム・ヤム・ガイ」が一番好きですが・・・

でもタイに行き始めた頃は「トムヤムクン」に必ずと言っていい割合で入っているパクチー(コリアンダー)が苦手で、二度と食べたくない料理でした。
なのに何度か食しているうちに、いつの間にか好きなタイ料理の一つになっています。(未だにパクチーは少なくして貰いますが・・・)

そう言えばこの前韓国人の友達と新宿のタイ料理の店に行った際に食べました。
タイ人が作っている店なので味はまあまあだったのですが、1人前の小さな器で1500円位だったかな?
現地で食べれば2人前位で300~400円位で食べれるのに・・・

そんなトムヤムクンも本格的なものでなければ家庭でも簡単に作れます。
下の左の写真はトムヤムスープの素みたいなものがペースト状になっています。
(下はナンプラー

鶏がらスープにそのペースト、海老でも肉でも魚でも可、と野菜、きのこ(ふくろ茸がお勧めですが無ければ他の物をお好みで良いと思います)があればそれなりの味にはなりますよ!

チリインオイル(タイの甘辛味噌)、ナンプラー、ココナツミルク、レモン汁等をお好みで足せば尚良いのですが・・・

画像は商品を売っているショップにリンクしていて、他にもタイやの食材や他の国の物もを扱っているようなので、興味があればご覧下さい。





バンコクのホテルをagodaで予約

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。